コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光化学当量の法則 law of photochemical equivalents

世界大百科事典 第2版の解説

ひかりかがくとうりょうのほうそく【光化学当量の法則 law of photochemical equivalence】

この法則は光化学の第2法則ともいわれ,次のように定義されている。〈(1)物質による光の吸収は光子を単位として行われる。(2)したがって,すべての光化学の初期過程――原子または分子(以下,分子で総称する)が光の吸収に続いて起こす光分解,光異性化,他の分子との衝突による失活や反応,発光,無放射遷移などの過程――は,光子1個が分子に吸収されることによって起こる〉。J.シュタルクとA.アインシュタインは独立に,上記(2)の記述を〈すべての光化学反応は,分子が光子1個を吸収することによって起こる〉と提案していたが,光吸収した分子は必ずしも化学反応を起こすとは限らないので上記のように改められた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

光化学当量の法則の関連キーワードシュテルン‐アインシュタインの法則アインシュタインの光化学当量の法則シュタルク‐アインシュタインの法則アインシュタイン‐シュタルクの法則アインシュタインの光化学の式ブンゼン=ロスコーの法則光化学(こうかがく)光化学第二法則

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android