コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウアー合金 アウアーごうきん

百科事典マイペディアの解説

アウアー合金【アウアーごうきん】

オーストリアのC.A.vonウェルスバハが発明した発火合金の一種。ガス器具ライターなどの点火装置に用いられる。セリウム50%,ランタンネオジムプラセオジムなど45%からなる。
→関連項目アウアーネオジム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アウアーごうきん【アウアー合金】

オーストリアの化学者ウェルスバハF.von Welsbach(本名アウアーCarl Auer)が1903年に発明した一種の発火合金。セリウムCe50%,ランタンLa,ネオジムNd,プラセオジムPrなど45%からなる。ガス灯(アウアー灯)用マントルの製造に使用したモナズ石砂の廃物にセリウムその他の希土類元素が多量に含まれており,これを利用したものである。【大久保 忠恒】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アウアー合金の関連キーワードヘルダー教会Siemensシュレーゲルフンボルトモルトケフルトウェングラーウェーバーの主題による交響的変容トロルノバーリス箕作元八