コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発火合金 ハッカゴウキン

5件 の用語解説(発火合金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はっか‐ごうきん〔ハツクワガフキン〕【発火合金】

摩擦や衝撃で火花を飛ばす性質の合金セリウムを主体として鉄・ニッケルなどを含むものがある。ライター石・花火などに使用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

発火合金【はっかごうきん】

激しくこすったりひっかいたりすると火花を発生する合金の総称。ライターなどに使われる。鉄(25〜35%)とセリウム(65〜75%)の合金が多用されるほか,鉄に40%程度のミッシュメタル(セリウム50%,ランタンネオジムその他同系元素50%)を加えたものなどがあるが,代表的なものはアウアー合金

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はっかごうきん【発火合金 pyrophor metal】

激しくこすったり,ひっかいたりすると火花を発生しやすい合金の総称。セリウムCeあるいはランタンLaのような希土類元素を主体としたものと,それ以外のものがある。ガスライターやシガレットライターに使用されるものの代表的な合金はアウアー合金で,これはセリウムを主体とする希土類元素の混合体(ミッシュメタル)と鉄の合金である。希土類以外の発火合金としては亜鉛‐スズ系,ウラン‐鉄系合金などがある。なお,マグネシウムアルミニウムチタンジルコニウムなど酸化しやすい金属は薄い箔(はく),細線,粉末とすると発火温度が下がり,室温でも自然発火する傾向を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はっかごうきん【発火合金】

摩擦によって容易に火花を発する合金の総称。主としてセリウムに30パーセント程度の鉄・ニッケル・銅などを添加した合金。照明弾・花火・ライターの石などに利用。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

発火合金
はっかごうきん
pyrophoric alloys

摩擦あるいは衝撃により発火する合金の総称。いわゆるライターの石などはこの種の合金で、写真用フラッシュ、花火などにも用いる。希土類元素主体のものにはミッシュメタル(主要成分セリウム)に鉄、ニッケル、または銅を約30%加えた合金や、ランタンとマグネシウム、鉛、スズなどとの合金がある。そのほか亜鉛‐スズ合金、バナジウム‐鉄合金なども発火合金として用いられることがある。[及川 洪]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

発火合金の関連キーワード開閉きゅっと狡っ辛い願ったり叶ったり火花火花を散らすきゅうぱっぱヒップアップ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone