コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウトドア最前線 あうとどあさいぜんせん

1件 の用語解説(アウトドア最前線の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

アウトドア最前線

近年、バックカントリーでスキースノーボードを楽しむ人が増えている。一方で、雪山での遭難も増加。2006年は大雪と大荒れの天候により、北アルプスなどの山域で雪崩による遭難が続いた。雪山での安全管理自己責任クローズアップされている。 携帯型GPSの精度のアップインターネット通信の成熟に伴い、アウトドアの楽しみ方にも変化が見られる。2000年に米国で誕生した「ジオキャッシング」は通信技術とオリエンテーリングを融合したまさにIT時代ならではの冒険型のアウトドアゲーム。 ここ数年、新機能を持ったアウトドアウエアが増えている。吸水性や速乾性のアップに加え、UVカット効果を盛り込んだもの、濡れると発熱する素材、逆にひんやりとした肌触りの素材も登場。お洒落なウエアも増え、街着にも多く利用されている。

(松倉一夫 アウトドアライター / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アウトドア最前線の関連キーワードクロスカントリースキーバックカントリー・スキーイングバックカントリーエランバックスペースキースキーブーツグンダーセン方式大衆クロスカントリースキースキーボートトリックスキー

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アウトドア最前線の関連情報