コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウトナソン Jón Árnason

世界大百科事典 第2版の解説

アウトナソン【Jón Árnason】

1819‐88
アイスランドの民間伝承の収集・刊行者。グリム兄弟をはじめドイツ,北欧各地の収集活動に刺激されて,友人M.グリムスソンと口承文芸の採集を始めて小冊子にまとめた(《アイスランドの昔話》,1852)。その後,自身もアイスランドで採話を行ったドイツ人K.マウラーの激励と,ロマン主義の影響下に民族意識に覚醒した同胞の広範な協力によって,膨大な伝説と昔話を収集し,消滅から守った(《アイスランドの伝説と昔話》初版2巻,1862‐64,増補新版6巻,1954‐61)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

アウトナソンの関連キーワード8月17日

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android