コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウトレット・モール あうとれっともーる outlet mall

2件 の用語解説(アウトレット・モールの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

アウトレット・モール

製造業者や小売業者が、売れ残りや旧モデルの在庫品、傷もの、規格外品、サンプル品などを販売するアウトレット・ストアが集積したショッピングセンター。アウトレット・ストアには、製造業者の工場直売店のファクトリー・アウトレットと小売業者が経営するリテール・アウトレットがあるが、いずれも正規の販売経路や小売店舗での販売に影響を与えないことが開設の条件であり、不便な立地にならざるをえない。そこで集客のために、アウトレット・ストアが集積して、モールを形成するようになった。アウトレット・モールは、1980年代に米国で急速に発展した。顧客にとっては有名ブランド品を破格の値段で購入できるという魅力があり、アパレルメーカーSPAにとっても、ブランドイメージを損なうことなく余剰品を処分できるというメリットがある。

(懸田豊 青山学院大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アウトレット・モール

衣料品やアクセサリーなどのブランド品を低価格で販売する複数のアウトレット・ストアを一カ所に集めた商業施設。80年代に米国で誕生し、日本には93年に登場。現在、全国に30カ所以上ある。流行遅れ季節外れ、規格外の商品などを在庫処分するのが中心だが、最近はアウトレット専用の商品を開発するメーカーも出ている。

(2009-05-11 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アウトレット・モールの関連キーワード委託販売再販売価格維持契約仕入売れ残り酉の市の売れ残り2段階チャネルホールセラーナショナル・アドバタイジングリテイラーズ・サービス・プログラム流通業者

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アウトレット・モールの関連情報