アエクイ族(読み)アエクイぞく(英語表記)Aequi

世界大百科事典 第2版の解説

アエクイぞく【アエクイ族 Aequi】

前1千年紀,中央イタリアの山岳地帯に居住したオスキ系(オスキ人)の種族。つとにラティウム地方への侵入を企て,前5世紀にはトゥスクルム,ラビクム,アルギドゥスまで進出し,ウォルスキ族とともにしばしばローマと衝突した。結局,前304年の戦いでローマが勝利を収め,戦後アエクイの故地にはローマの植民市(アルバ・フケンス,カルシオリ)が建設された。彼らの一部はアエクイクリの名でその後も存続した。【平田 隆一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアエクイ族の言及

【ウォルスキ族】より

…前500年前後に山を下り,リリ川付近の諸都市に定住したオスク・ウンブリア系の古代イタリア山地民。同系のアエクイ族と結んで先住民諸都市に脅威を与え,ラテン人とローマ市の同盟(カッシウス条約)を招いた点で,ローマによるラティウム統合を準備したといえる。アエクイ族の壊滅後は漸次後退を余儀なくされ,ラテン同盟戦争の際にも同盟側に加わって敗北(前338),以後ローマ国家に吸収された。…

【ローマ】より

… このように身分闘争において貴族が譲歩し続けたのは,この時期の近隣諸種族との戦争のゆえであった。前5世紀には北方のエトルリアの圧迫は続き,ラテン諸都市との戦争もあり,他方サビニ人アエクイ族ウォルスキ族など東方の山地帯に拠る諸種族のラティウム平原地帯への進出と戦わねばならなかった。世紀末にはこれらを押し返し,前396年には最強のエトルリア都市ウェイイを攻略した。…

※「アエクイ族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android