アオシャク(読み)あおしゃく

  • あおしゃく / 青尺蛾

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

昆虫綱鱗翅(りんし)目シャクガ科アオシャク亜科のガの総称。このガ類は、大部分の種ではねの表面が美しい緑色のため、「アオシャク」という語尾で統一されている。ほとんど全世界に分布しているが、熱帯に産するものが多い。日本には73種がすむ。成虫の大きさは、はねの開張12~60ミリメートル、色彩や斑紋(はんもん)は変化に富む。すべて夜行性で、よく灯火に飛来する。昼間、葉上ではねを広げて静止していると、葉と背面の色彩がよく似ていて、食虫性の鳥獣の目から逃れることができる。幼虫は、いわゆるシャクトリムシで、おもに樹木の葉を食べる。

[井上 寛]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android