コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカツツガムシ あかつつがむし

1件 の用語解説(アカツツガムシの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカツツガムシ
あかつつがむし / 赤恙虫
[学]Leptotrombidium akamushi

節足動物門クモ形綱ダニ目ツツガムシ科に属する陸生小動物。アカムシと俗称される。日本では新潟、山形、秋田、福島各県に分布し、河畔の草原地帯にすむ。日本以外には、広く南太平洋東南アジア、中国南部、台湾にも分布が知られている。成虫は体長1ミリメートル程度、体は淡赤色で、8の字形にくびれ、白色の毛を密生する。地表で生活し、おもに微小昆虫の卵を吸液する。幼虫はオレンジ色で円形に近く、成虫や若虫(わかむし)と異なり、おもにノネズミに寄生しリンパ液を吸う。幼虫は夏(6~9月)を中心に発生し、古くからつつが虫病の媒介者として有名である。ノネズミがおもな宿主であるが、野鳥にも寄生する汎(はん)寄生性の種である。[鈴木 博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアカツツガムシの言及

【ツツガムシ(恙虫)】より

…ツツガムシ病は自然界では野ネズミ→ツツガムシ→野ネズミと宿主を変え流行し,人はツツガムシ病リケッチアを保有するツツガムシの幼ダニに刺されて感染する。日本には80種以上のツツガムシが知られており,東北地方では主としてアカツツガムシLeptotrombidium akamushi(イラスト)によって夏季に,全国各地では四季にあまり関係なく,フトゲツツガムシL.pallidumなどで伝播(でんぱ)される。【金子 清俊】。…

※「アカツツガムシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone