コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アキメヒシバ あきめひしば

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アキメヒシバ
あきめひしば / 秋雌日芝
[学]Digitaria violascens Link

イネ科の一年草。小穂は卵状楕円(だえん)形で、長さ約2ミリメートル、やや鈍頭、全面に棒状の微小毛が生える。第2包穎(ほうえい)は小穂の長さよりやや短く、成熟期は第4包穎が褐色かまたは黒褐色に変色し、露出する。日本全土の原野の草地に生え、中国にも分布する。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアキメヒシバの言及

【メヒシバ】より

…和名は雌日芝の意味で,同じく雑草のオヒシバ(雄日芝)に比べて細く小さいからこう呼ばれる。メヒシバ属Digitariaには広分布の雑草が多く,日本には本種のほかにアキメヒシバ,コメヒシバが普通に見られる。【小山 鉄夫】。…

※「アキメヒシバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アキメヒシバの関連キーワードメヒシバ(雌日芝)

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android