コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクキガイ

百科事典マイペディアの解説

アクキガイ

アッキガイとも。アクキガイ科の大型巻貝。卵円錐形で,殻に多くのとげが魚の骨のようにはえる。殻の高さ17cm,幅5cm(とげを除いて)。房総半島以南の水深10〜50mの砂底にすみ,肉食。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アクキガイ
あくきがい / 悪鬼貝
Troschel's woodcock
[学]Murex troscheli

軟体動物門腹足綱アクキガイ科の巻き貝。長い棘(とげ)のようすから悪鬼に例えて名づけられたものと思われる。アッキガイとも読む。房総半島以南の西太平洋、インド洋の水深10~50メートルの細砂底に潜って生活する。殻高17センチメートル、棘を除いた殻径は5センチメートルぐらい。殻は卵円錐(えんすい)形で、長い水管がある。殻色は淡黄色で、濃褐色の螺肋(らろく)がある。約120度ごとに縦張肋(じゅうちょうろく)があり、この上に棘があって、とくに肩の棘は長く反り返る。殻口は卵形で蓋(ふた)は濃褐色、核は下端にある。殻口の外唇は最後の縦張肋に相当し、7本の長い棘とその間に短い棘がある。長い水管上にもほぼ等間隔で120度ごとに棘列(きょくれつ)がある。地方によって、本種や近似種のホネガイM. pectenを、形が奇異なので門口に飾って魔除(まよ)けとしていた。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アクキガイの関連キーワードオウウヨウラクガイホネガイ(骨貝)白口規那茘枝細筋鉄法螺奥羽瓔珞貝アッキガイ黄斑毬茘枝化粧角折入紫毬茘枝規那茘枝縮緬法螺海胆茘枝黄色毬茘蝦夷瓔珞岩石法螺縞茘枝欺ホネガイ白毬茘枝アカニシ栗斑茘枝

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android