アクチウムの海戦(読み)アクチウムのかいせん(英語表記)Battle of Actium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクチウムの海戦
アクチウムのかいせん
Battle of Actium

古代ローマの内乱期における最後の戦闘。前 31年9月2日,アクチウム沖合いでオクタウィアヌス (アウグスツス ) が M.アントニウスを破った海戦。アントニウスはクレオパトラ7世の策をとって艦隊決戦をはかったが,戦いなかばでクレオパトラは逃走,アントニウスもこれに従った。残りの艦船と陸軍はオクタウィアヌスに降伏した。この戦いで1世紀にわたるローマの内乱は平定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

アクチウムのかいせん【アクチウムの海戦】

紀元前31年、ギリシャ西海岸アクチウム(Actium)岬の沖で、オクタビアヌスがアントニウスとクレオパトラの連合艦隊を破った海戦。この勝利によってオクタビアヌスはローマにおける覇権を確立し元首政への道を開いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アクチウム‐の‐かいせん【アクチウムの海戦】

(アクチウムはActium) 紀元前三一年、ギリシア北西部のアクチウム岬沖で、オクタビアヌスがアントニウスとクレオパトラの連合艦隊を破った戦い。オクタビアヌスのローマ帝政への足がかりとなった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android