コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクチノミケス Actinomyces

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクチノミケス
Actinomyces

放線菌類の1属。 1877年にハルツによって A. bovisという種がウシの顎に生じた瘤から分離された。その後しばしばいろいろの家畜の口内または口辺から発見され,まれには人体の口腔からも見出されている。また家畜がイヌなどに咬まれた際,化膿性の疾患を起す病原菌としても記録されている。人体に感染すると放線菌症を起す。この菌の集落の外見は一般の細菌類に似ているが,顕微鏡で調べると,菌体は非常に細い菌糸 (0.5~1.0μm) が放射状に分岐して培養基の表面に伸長している。この菌糸は成熟後切れぎれになってすべて胞子となり,あとに栄養菌糸を残さない。この点,同じ放線菌類のストレプトミケス Streptomycesが栄養菌糸を残しているのと比べて著しく異なる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アクチノミケスの関連キーワードストレプトミケス根粒バクテリアノカルディア放線菌症放線菌類培養基

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android