アクティブファンド(読み)あくてぃぶふぁんど

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アクティブファンド

ファンドの運用担当者が自らの相場観や運用方針などに基づいて投資する銘柄を決定し、あらかじめ定めたベンチマーク(運用する上で目標となるもの。具体的には日経平均株価などの株価指数)よりも高い収益率を獲得することを目指す株式投資信託、あるいは投資会社。積極的に投資活動を行なうため、「行動主義ファンド」などとも呼ばれ、近年注目されている。日本ではライブドアによるニッポン放送株買収でも知られる、村上世彰氏が率いた「村上ファンド」などが有名。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アクティブ‐ファンド(active fund)

《「ファンド」は投資信託のこと》証券投資信託の一種。目標として証券市場の平均値を上回る運用をめざすもの。目標は、国内株であればTOPIX東証株価指数)、日経平均株価を用いる。指標とする株価指数が対象としている全体の銘柄を購入して運用するインデックスファンドと異なり、運用者が自らの方針で投資する銘柄を決定する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アクティブファンドの関連情報