アグス・サリム(英語表記)Agus Salim

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アグス・サリム
Agus Salim

[生]1884.10.8.
[没]1954.11.4. ジョクジャカルタ
インドネシアの民族主義運動家。スマトラ西部ミナンカバウ地区出身で,1915年サレカット・イスラムに参加し,その有力な理論家の一人として知られた。 29年に脱退して新党プニュダールを結成したが,まもなく政治活動をやめ文化活動に専念した。独立後しばしば外務大臣をつとめ,死後民族英雄の列に加えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

アグス・サリム
Agus Salim


1884 - 1954
インドネシアの政治家,思想家
元・インドネシア外相,元・イスラム教大学教授。
西スマトラ・ミナンカバウ出身。
バタビア(現ジャワ)のウィレム三世ギムナジウムで西洋式の教育を受け、1906〜11年在ジェッダ・オランダ領事館通訳を務めたが、イスラム改革主義にふれてイスラムに回帰した。’15年以後はイスラム同盟に参加し、のちに指導者として民族独立運動の一翼を担うことに努力した。独立後、外相、外務省顧問、イスラム教大学教授を歴任。没後’61年「民族の独立英雄」の称号を贈られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android