コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アコニターゼ

2件 の用語解説(アコニターゼの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アコニターゼ

 [EC4.2.1.3].アコニット酸水添加酵素,アコニット酸ヒドラターゼともいう.TCAサイクルの一酵素で,クエン酸cis-アコニット酸を中間体としてイソクエン酸にする酵素.ミトコンドリアに局在.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アコニターゼ【aconitase】

生物のエネルギー代謝に関与する酵素の一種。クエン酸回路を持つすべての生物に広く分布する。動物の肝臓や筋肉から精製される。クエン酸回路において,クエン酸⇄シス‐アコニット酸⇄イソクエン酸の相互転換を触媒する。生理的pH(7.4)での平衡状態ではクエン酸が9割以上であるが,イソクエン酸が速やかに酸化されるため反応はイソクエン酸生成の方向に進む。(化学式) シス‐アコニット酸はアコニターゼと結合した中間体として存在している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アコニターゼの関連キーワードエネルギー準位エネルギー代謝熱エネルギーエネルギー代謝率バイオマスエネルギー維持のエネルギーエネルギー学食品-栄養素の利用エネルギー値生物的効率直接エネルギー測定法

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone