コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アコニターゼ

世界大百科事典 第2版の解説

アコニターゼ【aconitase】

生物のエネルギー代謝に関与する酵素の一種。クエン酸回路を持つすべての生物に広く分布する。動物の肝臓や筋肉から精製される。クエン酸回路において,クエン酸⇄シス‐アコニット酸⇄イソクエン酸の相互転換を触媒する。生理的pH(7.4)での平衡状態ではクエン酸が9割以上であるが,イソクエン酸が速やかに酸化されるため反応はイソクエン酸生成の方向に進む。(化学式) シス‐アコニット酸はアコニターゼと結合した中間体として存在している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アコニターゼの関連キーワードアルドラーゼアデニル酸シクラーゼアミノレブリン酸デヒドラターゼアルギニノコハク酸リアーゼウロポルフィリノーゲンIII合成酵素欠損ATPクエン酸リアーゼエノラーゼオルニチン脱炭酸酵素加水酵素カルボニックアンヒドラーゼ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone