アザゼル(英語表記)Azazel

世界大百科事典 第2版の解説

アザゼル【Azazel】

スケープゴート〉の典拠として〈アザゼルの羊〉の形での引用が一般的な聖書中の語。旧約聖書《レビ記》16章に罪行事とのかかわりで言及があるが,アザゼル自体の解釈は古来分かれている。《七十人訳聖書》(旧約)はこれを追放される羊と見,ラビ文献は羊の追放場所と解するが,今日の研究者はふつうこれを羊の受取手としての荒野の毛深い魔物と理解している。旧約外典の一部では,アザゼルは堕落天使の指導者である。【並木 浩一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アザゼル

(Azazel) ユダヤの荒野に住むという悪霊。贖(あがな)いの日に、祭司アロンは、民の罪を負わせたヤギをそのもとへ送ったという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android