アザンクールの戦い(読み)アザンクールのたたかい(英語表記)Battle of Azincourt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アザンクールの戦い
アザンクールのたたかい
Battle of Azincourt

百年戦争中,1415年 10月 25日フランス軍がヘンリー5世のイングランド軍に大敗した戦い。優勢なフランス軍の敗退により,以降イングランド軍が優位に立つにいたった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アザンクールの戦い
あざんくーるのたたかい

百年戦争の後期、1415年に行われた戦闘。アザンクールAzincourtは北フランスのカレー南東50キロメートルの小村。1410年代、アルマニャック派とブルゴーニュ派の抗争に明け暮れるフランスに、イングランドのランカスター王家が攻勢をかけた。1415年8月、ヘンリー5世が3万の軍勢をノルマンディーに上陸させたのである。しかし悪疫流行のため1万の人員を失ったヘンリーは、冬越しのため、カレーに向かって北上した。カレーはすでにイングランド王家の支配地であった。アルマニャック派の構成した6万のフランス王軍がこれを迎撃した(10月25日)。王家から給与を支払われる槍(やり)隊と弓隊を機能的に組み合わせたイングランド軍が、領主貴族の提供する旧態依然たる重装騎士を主力としたフランス軍に勝った。フランス側の死者は1万、うち騎士7000。イギリス側の損害は1500。アルマニャック派の盟主オルレアン侯シャルル(詩人シャルル・ドルレアン)は捕虜となった。以後アルマニャック派は退潮し、ブルゴーニュ侯が発言権を増した。ノルマンディーはイングランド王家の占領地となった。[堀越孝一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android