コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性理大全 せいりたいぜんXing-li-da-quan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

性理大全
せいりたいぜん
Xing-li-da-quan

中国,宋の性理学説を分類集大成して編んだ書。 70。永楽 13 (1415) 年完成。胡広らが王命によって撰した。『四書大全』 (36巻) ,『五経大全』 (154巻) とともに永楽三大全といわれる。巻1から巻 25までは原書を収め,巻 26以下は項目を立てて,理気,鬼神,性理,道統聖賢,諸儒,学,諸子,歴代,君道,治道,詩,文の 13目とし,それぞれについての諸家の説を程朱の説を中心に収録している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいりたいぜん【性理大全】

中国の儒学書。70巻。永楽帝の勅により、胡広らが撰。1415年成立。宋・元の性理学者120人余の学説を集め、類別して注を加えたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいりたいぜん【性理大全 Xìng lǐ dà quán】

性理学(朱子学)の大全集。全70巻。明の成祖(永楽帝)の命を受け,胡広らが《五経大全》《四書大全》とともに編纂したもの。前半は《太極図》《正蒙》《家礼》など宋人の著述と後人の注を載せ,後半は〈理気〉〈鬼神〉〈性理〉などの項目に分かって朱子学者の見解を集める。朱子学の百科全書として朝鮮・日本でも読まれたが,あまりに冗漫で見識を欠くため,清の康熙(こうき)帝がこの簡約版《性理精義》12巻を編纂させている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいりたいぜん【性理大全】

中国、宋学の精粋を集めた叢書そうしよ。七〇巻。明の胡広らが永楽帝の勅命によって編纂へんさんし、1415年完成。宋学の代表作とされる書を収録した部分と、テーマ別に抜粋採録した部分から成る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

性理大全の関連キーワード皇極経世書代表作陽明学勅命宋学精粋楊栄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android