コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジャール自治共和国 アジャールAdzharia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジャール〔自治共和国〕
アジャール
Adzharia

ジョージア(グルジア)南西部にある自治共和国。 1921年アジャール=ソビエト社会主義自治共和国として設立され,90年アジャール自治共和国に改称。首都バトゥーミ。西は黒海に面し,南はトルコと国境を接する。地形は海岸平野とチョロフ川流域平野を除けば山がちである。沿岸部は湿潤な亜熱帯気候に属し,平均気温1月5~8℃,8月 21~23℃,年降水量は 2500~3000mmに上る。全面積の 50%以上が森林におおわれる。住民はおもにグルジア人で,ほかにロシア人,アルメニア人などが住む。住民の半数以上が農村に居住し,茶,柑橘類,タバコ,アボカド,キリなどの亜熱帯性作物を栽培する。高地では牧畜が行われる。工業部門では,農産物加工のほか,バクー油田からのパイプラインの末端であるバトゥーミに石油精製,石油化学などの工業がある。黒海沿岸部は名高い保養地となっている。おもな都市はバトゥーミのほかコブレチ。ジョージアの各地と道路で結ばれ,バトゥーミから北へ鉄道が延びる。また海路で黒海沿岸諸都市と,空路でトビリシ,モスクワなどと結ばれる。面積 3000km2。人口 38万 1500 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アジャール自治共和国の関連キーワードジョージア州カフカス諸族

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android