コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスコセントルム Ascocentrum

世界大百科事典 第2版の解説

アスコセントルム【Ascocentrum】

小型で多数の小花を総状につける着生ラン。インド東部からインドネシアに数種が分布し,いずれもかわいらしく観賞に供される。茎は直立し,15cm前後,左右に肉厚の葉を互生し,花茎は葉腋(ようえき)から直上し,花径1.5cmくらいの花を多数つけ,円筒状になる。花色は桃色,赤,黄橙など。花期は日本では春から初夏が多い。日本で見かけるのはアスコセントルム・アンプラケウムA.ampullaceum Schltr.,アスコセントルム・ミニアツムA.miniatum Schltr.である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アスコセントルムの関連キーワードアスコセントルム・アンプラケウムアスコセントルム・ミニアツム

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android