コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスコットタイ ascot tie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスコットタイ
ascot tie

服飾品の一種で,イギリスのアスコット競馬場の名に由来する。以下の2義がある。
(1) ネクタイの一種。本来はモーニングを着用する際に使うもので,広幅。襟元で重ね,ネクタイピンで留める。 19世紀中頃に生れたが,1970年なかばに復活し流行した。
(2) 襟巻の一種。首のうしろに回る部分が細く,前の部分が広くなっており,前で結んで用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アスコット‐タイ(ascot tie)

結んだときにスカーフのように見える幅の広いネクタイ。英国のアスコット競馬場で流行したのに始まる。アスコット。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アスコットタイ【ascot tie】

結んだ時にスカーフのように見える、幅の広いネクタイ。アスコット。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

アスコットタイの関連キーワードネクタイピンモーニングタイ広幅襟元

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android