コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスコットタイ ascot tie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスコットタイ
ascot tie

服飾品の一種で,イギリスのアスコット競馬場の名に由来する。以下の2義がある。
(1) ネクタイの一種。本来はモーニングを着用する際に使うもので,広幅。襟元で重ね,ネクタイピンで留める。 19世紀中頃に生れたが,1970年なかばに復活し流行した。
(2) 襟巻の一種。首のうしろに回る部分が細く,前の部分が広くなっており,前で結んで用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

アスコットタイ【ascot tie】

結んだ時にスカーフのように見える、幅の広いネクタイ。アスコット。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android