アター・ベク(英語表記)atā bek

世界大百科事典 第2版の解説

アター・ベク【atā bek】

セルジューク朝時代に君主の子息の養育にあたった者の称号。主としてトルコ人のマムルーク(奴隷軍人)出身のアミールがその任に就いた。父親に代わって子息に対して全権をゆだねられ,子息に与えられたイクターを管理したり,父親の死後は,その子の母親と結婚することもあった。セルジューク朝の衰退後,ファールス,アゼルバイジャンなどではアター・ベクが実権を握り,アター・ベク諸王朝を開いた。【清水 宏祐】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android