アダムズ・ピーク[山](読み)アダムズピーク

百科事典マイペディアの解説

アダムズ・ピーク[山]【アダムズピーク】

スリランカ島南部の山。標高2231m。山頂の平坦部に巨大な足跡のような窪(くぼ)地があり,仏教徒は仏陀(仏足石),ヒンドゥー教徒はシバ,イスラム教徒はアダムの足跡として信仰,巡礼する。山名はイスラム教徒の説に由来。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android