コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダンソン Adanson, Michel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アダンソン
Adanson, Michel

[生]1727.4.7. エクサンプロバンス
[没]1806.8.3. パリ
フランスの博物学者。 1748年セネガルにフランス東インド会社の事務員として滞在中,動・植物相や鉱物の研究を行い,その結果は『セネガル博物誌』 (1757) として発表された。彼はまた,特定の性質だけに注目した C.リンネ体系は自然の類縁関係を反映しない人為的な体系であると批判し,独特の分類体系を作成したことでも知られる。すべての形質を考慮にいれた分類を志し,科のランクを重視し,統計的方法を導入するなどの特徴をそなえたものであったが,必ずしも普及せず,C.リンネの体系に圧倒された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アダンソン【Michel Adanson】

1727‐1806
フランスの植物学者。エクサン・プロバンスに生まれ,パリで育ち,ベルナール・ド・ジュシューBernard de Jussieuに師事。植物の自然分類は,先入観なしにすべての形質を同価値にとって比較し,多くの形質を共有する群を〈科〉にまとめて分類すべきことを主張し,《植物諸科Familles naturelles des plantes》(1763,64)を刊行,現在の数量分類学neumerical taxonomyの先駆をなした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アダンソンの関連キーワードハエトリグモ4月7日

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android