コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダンソン アダンソンAdanson, Michel

2件 の用語解説(アダンソンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アダンソン
Adanson, Michel

[生]1727.4.7. エクサンプロバンス
[没]1806.8.3. パリ
フランスの博物学者。 1748年セネガルフランス東インド会社の事務員として滞在中,動・植物相や鉱物の研究を行い,その結果は『セネガル博物誌』 (1757) として発表された。彼はまた,特定の性質だけに注目した C.リンネの体系は自然の類縁関係を反映しない人為的な体系であると批判し,独特の分類体系を作成したことでも知られる。すべての形質を考慮にいれた分類を志し,科のランクを重視し,統計的方法を導入するなどの特徴をそなえたものであったが,必ずしも普及せず,C.リンネの体系に圧倒された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アダンソン【Michel Adanson】

1727‐1806
フランスの植物学者。エクサン・プロバンスに生まれ,パリで育ち,ベルナール・ド・ジュシューBernard de Jussieuに師事。植物の自然分類は,先入観なしにすべての形質を同価値にとって比較し,多くの形質を共有する群を〈科〉にまとめて分類すべきことを主張し,《植物諸科Familles naturelles des plantes》(1763,64)を刊行,現在の数量分類学neumerical taxonomyの先駆をなした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アダンソンの関連キーワードエカチェリーナジョージ布屋次兵衛エカテリーナジョージ光琳模様平成の大合併趙翼那波魯堂ニュートン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone