コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッサム地震 アッサムジシン

2件 の用語解説(アッサム地震の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アッサム‐じしん〔‐ヂシン〕【アッサム地震】

インドのアッサム地方に多発する地震。インド亜大陸アジア大陸とが衝突する場所で、ヒマラヤ周辺には、1897年・1950年の地震に代表される巨大地震が多く発生する。特に1950年の地震では、道路・鉄道・建物などが破壊され、地すべりなどの被害も多く、約4000人もの死者があった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッサム地震
あっさむじしん

インドのアッサム地方に多発する地震。隣接する中国では西蔵(チベット)地震とよばれる。インド大陸とアジア大陸とが衝突するヒマラヤ周辺には多くの地震が発生する。その震央分布は、ヒマラヤ連峰とその両翼部に集中し、西翼部のヒンドゥー・クシの深発地震とともに、東翼部のアッサム地方には、1897年6月12日の地震に代表される巨大地震が多発する。この地震の際、大小たくさんの石が、地面に擦り跡を残さずに飛び上がったといわれており、地震に伴う加速度は重力加速度を超えるほど大きかったと考えられている。また、1950年8月15日の地震はマグニチュード(M)8.6で、1960年のチリ地震、1964年のアラスカ地震と並ぶ大地震で、インド、チベットのみならず近隣諸国300万平方キロメートルに及ぶ地域を震撼(しんかん)させた。震源は深さ50キロメートルで、道路、鉄道、橋、建物などが破壊され、地すべりなどの被害が多く、約4000人もの死者があった。[脇田 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアッサム地震の言及

【地震】より

…1982年までに起こった世界の巨大地震を7位まで挙げると,次のように1950年代~60年代に集中している。(1)1960年チリ地震(M9.5),(2)1964年アラスカ地震(M9.2),(3)1957年アリューシャン地震(M9.1),(4)1952年カムチャツカ地震(M9.0),(5)1906年エクアドル地震(M8.8),(6)1965年アリューシャン地震(M8.7),(7)1950年アッサム地震(M8.6)。これらのうち(3)(4)(6)は災害面からはそれほど著しいものではない。…

※「アッサム地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アッサム地震の関連キーワードブラマプトラ川アラスカ地震レックスベゴニアアッサムインド犀甘粛地震東インドブロッサムルーマニア地震マニプル種 (Manipur)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone