コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッシャー家の崩壊 アッシャーケノホウカイ

デジタル大辞泉の解説

アッシャーけのほうかい〔‐ケのホウクワイ〕【アッシャー家の崩壊】

《原題The Fall of the House of Usherポーの短編小説。1839年発表。旧家の末裔(まつえい)であるアッシャー兄妹の屋敷に招かれた主人公の経験を描く怪奇小説。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッシャー家の崩壊
あっしゃーけのほうかい
The Fall of the House of Usher

アメリカの作家E・A・ポーを代表する幻想的な短編小説。1839年発表。ある秋の日の夕暮れ、語り手が馬に乗って行くうち、忽然(こつぜん)と朽ちかけたゴシック風の建物が見えてくる。長年続いた旧家の末裔(まつえい)ロデリック・アッシャーとマデライン兄妹が住む屋敷である。語り手はロデリックの旧友で、そこに招かれていたのだ。数日滞在するうち、語り手はマデラインが死んだと告げられ、遺骸(いがい)を地下牢に安置するのを手伝う。だが、ある嵐(あらし)の晩、マデラインは息を吹き返し、白い経帷子(きょうかたびら)を血で染めた姿で兄を訪れ、2人は折り重なって死ぬ。すると屋敷もまた崩れ落ち、黒い沼にのみ込まれて姿を消す。現実と幻想の交錯する怪奇小説の白眉。[八木敏雄]
『八木敏雄訳『黄金虫・黒猫ほか』(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アッシャー家の崩壊の関連キーワードポー(Edgar Allan Poe)モルグ街の殺人ドビュッシー実験映画幻想文学黄金虫散文詩黒猫

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アッシャー家の崩壊の関連情報