コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッシャー家の崩壊 アッシャーケノホウカイ

3件 の用語解説(アッシャー家の崩壊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アッシャーけのほうかい〔‐ケのホウクワイ〕【アッシャー家の崩壊】

《原題The Fall of the House of Usherポー短編小説。1839年発表。旧家の末裔(まつえい)であるアッシャー兄妹の屋敷に招かれた主人公の経験を描く怪奇小説

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

アッシャー家の崩壊

米国の作家エドガー・アラン・ポーの短編小説(1839)。原題《The Fall of the House of Usher》。1928年のジャン・エプスタイン監督以降、何度も映画化されている(邦題『アッシャー家の末裔』『アッシャー家の惨劇』『ハウス・オブ・アッシャー』)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッシャー家の崩壊
あっしゃーけのほうかい
The Fall of the House of Usher

アメリカの作家E・A・ポーを代表する幻想的な短編小説。1839年発表。ある秋の日の夕暮れ語り手が馬に乗って行くうち、忽然(こつぜん)と朽ちかけたゴシック風の建物が見えてくる。長年続いた旧家の末裔(まつえい)ロデリック・アッシャーとマデライン兄妹が住む屋敷である。語り手はロデリックの旧友で、そこに招かれていたのだ。数日滞在するうち、語り手はマデラインが死んだと告げられ、遺骸(いがい)を地下牢に安置するのを手伝う。だが、ある嵐(あらし)の晩、マデラインは息を吹き返し、白い経帷子(きょうかたびら)を血で染めた姿で兄を訪れ、2人は折り重なって死ぬ。すると屋敷もまた崩れ落ち、黒い沼にのみ込まれて姿を消す。現実と幻想の交錯する怪奇小説の白眉。[八木敏雄]
『八木敏雄訳『黄金虫・黒猫ほか』(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アッシャー家の崩壊の関連キーワード黒猫モルグ街の殺人犬嫌いウォー・チーフエドガー・アラン・ポー赤死病の仮面盗まれた手紙歩道に血を流してマリー・ロジェの謎ルータ王国の危機

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アッシャー家の崩壊の関連情報