コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アテローム atheroma

翻訳|atheroma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アテローム
atheroma

ギリシア語でかゆという意味で,通常,粉瘤や粥 (じゅく) 腫をさす。皮膚組織でおおわれた半球状に隆起した腫瘤で,皮膚や卵巣に多い。悪臭のあるチーズ状の内容物がある。皮膚では,外傷や注射のあとなどに上皮が迷入してできることもあるが,これは奇形腫の一つと考えられる。アテローム様という形容詞は,動脈のかゆ状硬化に使われる。これは,コレステロールを主成分とする脂質が大動脈や動脈の内膜に沈着し,一見,皮膚病変のアテロームのように,斑状に黄色ないし黄白色の隆起として認められるものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アテローム(〈ドイツ〉Atherom)

皮膚にできるはれもの。豆粒大から鶏卵大で、中に悪臭のあるかゆ状のものがたまる。粉瘤(ふんりゅう)。粥腫(しゅくしゅ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アテローム

粉瘤(ふんりゅう)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

アテローム

 粉瘤ともいう.皮膚に生じる瘍の一種.1cm以下のものから数cmのものまである.動脈壁に生じるものもいう.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アテローム【Atherom】

皮膚の毛囊もうのうや皮脂腺に脂肪や脂肪酸、コレステロールなどがたまってできる腫瘤しゆりゆう。粥腫しゆくしゆ。粉瘤。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アテローム
あてろーむ
atheroma英語
Atheromドイツ語

皮膚にできる一種の腫瘤(しゅりゅう)で、粉瘤ともよばれる。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアテロームの言及

【動脈硬化】より


[動脈硬化の分類]
 動脈硬化は病理形態学的には粥状硬化,中膜硬化,小・細動脈硬化の3型に分類される。(1)粥状硬化 アテローム硬化ともいう。3型のうち最も多くみられ,脳,心臓,末梢血管の循環障害をひき起こし,脳卒中や虚血性心疾患などの原因となるので,臨床上重要である。…

※「アテローム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アテロームの関連キーワードアテローム血栓性梗塞脳卒中(脳血管発作)アテローム動脈硬化症過コレステロール血症脳梗塞(脳軟化症)アテローム動脈硬化アテローム硬化症一過性脳虚血発作クロフィブレートアテレクトミーアテローム硬化アテローム斑虚血性心疾患不飽和脂肪酸仮性球麻痺ラクナ梗塞ギリシア語動脈硬化症脂肪変性老化現象

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android