コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドゥド・アッダウラ ‘Aḍud al‐Dawla

1件 の用語解説(アドゥド・アッダウラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アドゥド・アッダウラ【‘Aḍud al‐Dawla】

936‐983
ブワイフ朝の君主,アミール。在位949‐983年。名はカリフから授与された称号で,〈王朝の補助者〉の意。イラクファールスキルマーンを支配し,同朝の最盛期を現出させた。十二イマーム派を標榜し,イスラム世界でははじめてシャーハンシャー(王中の王)を名のり,中世ペルシア語パフラビー語コインを鋳造させ,ササン朝以来のイラン的伝統との結びつきを強調した。学問・芸術の保護者としても知られ,歴史家ミスカワイフなどが輩出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアドゥド・アッダウラの言及

【ブワイフ朝】より

…ムイッズ・アッダウラはイラクのサワード地方で,軍人に給与の代りにイクターを授与し,イスラム史上初めて軍事イクター制の施行者となった。 王朝は,アドゥド・アッダウラ,ファフル・アッダウラFakhr al‐Dawla(950‐997)の時代が最盛期であったが,ブワイフ朝の領土は,ファールス,ケルマーン,ジバール,イラクの4地方に大別され,それぞれ別の王族によって統治され,その関係は時代によっても異なり,複雑である。宮廷の公用語はアラビア語であり,《歌謡の書》を編纂したイスバハーニーらが現れ,アラブ文学の繁栄期であった。…

※「アドゥド・アッダウラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アドゥド・アッダウラの関連キーワードアミーバアミールシーラーズブワイフ朝アーミーナイフ一天の君万乗の君ぶわぶわホワイトミートホワイトミール

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone