ブワイフ朝(読み)ブワイフちょう(英語表記)Buwayhids; Buyids(Āl-i Būya)

  • Buwayh
  • Buwayhid
  • ブワイフちょう ‥テウ
  • ブワイフちょう〔テウ〕
  • ブワイフ朝 Buwayh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イラン南西部およびイラクを支配したダイラム人のシーア派王朝 (932頃~1062) 。ブーヤ朝ともいう。ダイラムの土着王族出身と伝えられるブワイフ家のアリーハサン,アフマドの3兄弟は,サーマン朝配下を離れ,ジヤール朝のマルダービージュに仕えて,イラン南西部に勢力を拡大し,やがてファールス,ジバール,ケルマーンにそれぞれ自立。 945年アフマドはアッバース朝カリフ治下のバグダードに入城し,カリフからムイッズ・ウッダウラ Mu`izz al-Dawlaの称号を授けられると同時に,大アミールに任じられて事実上の実権を掌握した。彼はスンニー派のカリフを保護下におき,同じシーア派の一派イスマーイール派のファーティマ朝と対立した。アフマドの息子アズド・ウッダウラ (在位 949~983) はブワイフ家を統合して膨張政策をとり,西方ハムダーン朝,東方のジヤール朝,サーマン朝と抗争を繰返した。アズド・ウッダウラの没後,王朝は分裂し,1029年ガズニー朝のマフムードにジバールを奪われ,55年にはセルジューク朝トグルル・ベグにバグダードを占領されて,ついに 62年シーラーズも陥落して滅亡した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イラン,イラクを支配したイラン系のシーア派王朝。932‐1062年。ダイラム人の族長ブワイフの3人の息子は,ジヤール朝のマルダーウィージュに仕えて勢力を伸ばし,イスファハーン,ジバール,ケルマーンおよびフージスターンで独立した。946年(945年説もある),末弟アフマドはバグダードに入り,アッバース朝カリフより,アミール・アルウマラー(大アミール)に任命され,ムイッズ・アッダウラ(王朝の強化者)の称号を,また2人の兄も,それぞれカリフから称号を与えられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イラン・イラクを支配したイラン系王朝(932~1062)。ダイラム地方(カスピ海西岸の山岳地帯の古名)出身の、ブワイフ家の三兄弟は、ズィヤール朝に仕えながら勢力を伸ばし、長男アリーがイスファハーン、ハサンがジバール、末弟のアフマドがケルマーン、フーゼスターンで独立。946年にアフマドはバグダードへ入城し、アッバース朝のカリフから大アミール(アミール・アルウマラー)に任命され、ムイッズ・アッダウラ(王朝の強化者)の称号を得、事実上の支配者となった。10世紀後半のアドゥッド・アッダウラ時代が最盛期で、パフラビー語を刻んだコインが鋳造されるなど、イラン的伝統が強調された。宮廷公用語はアラビア語であり、イスファハーニーによる『アガーニー』をはじめとするアラブ文学の名作が書かれた。軍事力の根幹はダイラム人とトルコ人グラーム(マムルーク)であり、両者の対立、イクター保有者と総督との反目、同族間の内紛から衰退し、セルジューク朝の進出以前に実権を失っていた。

[清水宏祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(ブワイフはBuwaih) イラン・イラクの各地を支配したイラン系のシーア派イスラム王朝(九三二‐一〇六二)。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

932〜1055
イラン系のイスラーム軍事政権
北部イランにおこり,946年バグダードを占領し,大アミールに任ぜられてアッバース朝カリフの実権を奪った。1055年セルジューク朝に滅ぼされた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のブワイフ朝の言及

【アッバース朝】より

…首都はバグダード。ただし,アッバース家のカリフが宗教上・政治上いずれにおいても最高の指導者・権力者として統治しえたのは,せいぜいブワイフ朝がバグダードを攻略する946年までで,その後はごく短期間を除いて政治上の実権を失い,宗教上の権威のみを保持したにすぎない。したがってアッバース朝の性格も,10世紀半ばを境にして大きく変わっており,実質的な国家としてのアッバース朝を取り上げる場合には,同朝の前半期の約200年間が問題にされる。…

※「ブワイフ朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android