コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナスタシオス[1世] Anastasios I

世界大百科事典 第2版の解説

アナスタシオス[1世]【Anastasios I】

430ころ‐518
ビザンティン皇帝。在位491‐518年。前皇帝ゼノンの死後61歳の高齢で皇妃アリアドネと結婚,軍と元老院の支持の下に即位。497年イサウリア族の反乱を鎮圧し,のち経済官僚出身の手腕をみせ,都市の営業税の廃止,金貨銅貨の通貨改革,農民に対する課税額の増加および税金の金納化等により32万ポンドの金貨を貯えた。宗教的には異端とされたキリスト単性説を支持,これに反対する首都住民によるトリスハギオンの乱(512),さらにウィタリアヌス将軍の乱(513‐515)を招いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアナスタシオス[1世]の言及

【ビザンティン帝国】より

…同帝死後の東西分治における東半部が,ビザンティン帝国の領土的基盤となった。 4~5世紀の民族移動の矛先は西に転じたが,ガイナス,アスパルなどの蛮族出身の軍隊指揮者が中央政府を牛耳り,前者とその一党が首都市民の反ゲルマン感情の爆発で400年に駆逐された後,後釜に座った後者をイサウリア人が一掃し(471),わが物顔にふるまうこの最後の軍人勢力をアナスタシオス1世(在位491‐518)が平定するに及んで,文民政治体制が確立された。ニカエア(325),コンスタンティノープル(381)の両公会議ではアリウス派問題,エフェソス公会議(431)ではネストリウス派問題,カルケドン公会議(451)では単性論派問題が,いずれも〈政治的オーソドクシー〉原則(皇帝教皇主義)で処理され,同様の政治的結果を随伴した。…

※「アナスタシオス[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アナスタシオス[1世]の関連キーワードアナスタシウス1世詩品ユスティヌス(1世)可視光線クレオフォンの画家コプト美術バルバドス不可分債権・債務観光農園笠松競馬訴訟

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android