アノール(読み)あのーる(英語表記)anole

日本大百科全書(ニッポニカ)「アノール」の解説

アノール
あのーる
anole

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目イグアナ科アノール属に含まれるトカゲ総称。同属Anolisのものは、体色を緑色から褐色まで変化させる。樹上性で、頭部が細長く、尾は全長の3分の2を占める。指は平たく吸盤状となり、のどには舌骨で支えられた飾り袋があって、雌に対する求愛やライバルの雄に対するディスプレーのとき、いっぱいに広げる。アメリカ合衆国南東部、西インド諸島に分布するグリーンアノールA. carolinensisアメリカカメレオンの名でもよばれ、全長18センチメートル、最近では小笠原(おがさわら)諸島の父島にも持ち込まれて定着している。キューバ産のナイトアノールA. equestrisは全長45センチメートルの大形で、カエルや鳥の雛(ひな)をも捕食する。この属が含まれるアノール亜科は22属300種を超える大きなもので、熱帯アメリカに広く分布する。

[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「アノール」の解説

アノール(anole)

イグアナ科アノール属に含まれるトカゲの総称。165種ほどがある。最大の種でも全長が40センチほど。雄ののどには色彩豊かな袋状の飾りがあり、テリトリーを守るためにこの飾りを他の雄に誇示して威嚇する。南北アメリカ大陸とその周辺の島々に分布する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android