アノール(読み)あのーる(英語表記)anole

日本大百科全書(ニッポニカ)「アノール」の解説

アノール
あのーる
anole

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目イグアナ科アノール属に含まれるトカゲ総称。同属Anolisのものは、体色を緑色から褐色まで変化させる。樹上性で、頭部が細長く、尾は全長の3分の2を占める。指は平たく吸盤状となり、のどには舌骨で支えられた飾り袋があって、雌に対する求愛やライバルの雄に対するディスプレーのとき、いっぱいに広げる。アメリカ合衆国南東部、西インド諸島に分布するグリーンアノールA. carolinensisアメリカカメレオンの名でもよばれ、全長18センチメートル、最近では小笠原(おがさわら)諸島の父島にも持ち込まれて定着している。キューバ産のナイトアノールA. equestrisは全長45センチメートルの大形で、カエルや鳥の雛(ひな)をも捕食する。この属が含まれるアノール亜科は22属300種を超える大きなもので、熱帯アメリカに広く分布する。

[松井孝爾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「アノール」の解説

アノール(anole)

イグアナ科アノール属に含まれるトカゲの総称。165種ほどがある。最大の種でも全長が40センチほど。雄ののどには色彩豊かな袋状の飾りがあり、テリトリーを守るためにこの飾りを他の雄に誇示して威嚇する。南北アメリカ大陸とその周辺の島々に分布する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android