コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アハロノフ=ボーム効果 アハロノフ=ボームこうかAharonov-Bohm effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アハロノフ=ボーム効果
アハロノフ=ボームこうか
Aharonov-Bohm effect

量子力学の基本的特徴を示す効果の1つで,1959年 Y.アハロノフと D.ボームによって提唱された。2人の頭文字をとって AB効果ともいう。電子がある一点Aから出発して点Bに到着する過程を考える。 AB間についたてを置き2つのスリット C1 ,C2 を開けたとするとこの過程を表わす量子力学的振幅 (複素数) Ψ は経路1 (AC1B) に付随する振幅 Ψ1 と経路2 (AC2B) に付随する Ψ2 の和で表わされる。いま経路1と2で作られる閉曲線の内側に細長いソレノイドを置き,なかに磁束が Φ となるように磁場を加える。磁場はソレノイドの外にもれないとする。古典的には,経路上には磁場がないため物理量は Φ に依存しないはずであるが,量子論では,Ψ1Ψ2 の位相は経路に沿ってのベクトルポテンシャルの値に依存するため,Ψ は結局 exp (2πieΦ/hc) という周期的な Φ -依存性をもつ ( e は素電荷,h はプランク定数,c は光速) 。この量子力学的干渉効果による Φ -依存性は実際実験でも検証されており,量子論においては磁場よりもベクトルポテンシャルがより基本的な量であることを示している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アハロノフ=ボーム効果の関連キーワード電子線ホログラフィーメゾスコピック外村彰

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android