コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバラストウィス Aberystwyth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アバラストウィス
Aberystwyth

イギリスウェールズ西部,セレディジョン北部の町。カーディフの北西約 120km,ライドル川とアストウィス川が合流してカーディガン湾に注ぐ地点にある。市の中核をなすのは 1277~84年に建設されたアバラストウィス城で,17世紀に一度破壊されたが,20世紀に入って復元された。港はかつては沿岸やアイルランドとの交易でにぎわい,背後の鉛鉱山の積出港としても繁栄したが,今日はほとんど使われていない。19世紀末から海浜保養地として発展し始め,周辺の農業地帯の集散地ともなっている。またウェールズ文化の重要な中心地でもあり,市内にはウェールズ大学最初のカレッジであるアバラストウィス・カレッジ(1872),国立ウェールズ図書館や,ウェールズ長老教会の神学校などがある。人口 1万1607(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android