コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アパメア Apamea; Apameia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アパメア
Apamea; Apameia

ヘレニズム時代のオリエントの古代都市名。ギリシア名アパメイアマケドニア王家の女性名に由来する。 (1) マエアンデル河畔のアパメア 現トルコのディナル。ヘレニズム時代のフリュギアに位置し,前3世紀にセレウコス朝シリアのアンチオコス1世によって設立された。当時の交通の要衝にあり東西貿易で重要な役割を演じた。ローマ帝国時代にはイタリア,ユダヤ貿易商人の拠点となった。3世紀以後は衰退し,1070年にトルコ軍に占領されその後地震で破壊された。 (2) オロンテス河畔のアパメア オロンテス中流域に位置し,セレウコス朝の物資供給の中心地。セレウコス1世によって設立された。ローマ帝国時代にも繁栄を続けたが,7世紀にササン朝ペルシアのホスロー2世によって破壊され,1152年地震に襲われた。 (3) ユーフラテス河畔のアパメア ゼウグマ (橋) とも呼ばれる。現トルコのビレシク。セレウコス1世が古代都市ティル・バルシップの近くに建設した都市。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アパメア(Apamea)

シリア西部にある都市遺跡。ギリシャ語名アパメイア、アラビア語名アファミアハマーの北西約55キロメートル、オロンテス川沿いの高台に位置する。紀元前3世紀、セレウコス1世により建設され、セレウコス朝の四大都市の一つになった。前1世紀、古代ローマ帝国に併合され、劇場、神殿、大聖堂などが建造された。マルクス‐アウレリウス帝時代に築かれた全長1850メートルにおよぶ列柱通りが残っていることで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アパメアの関連キーワードユリア・ソアエミアス・バッシアナアンティオコス(3世)新ピタゴラス学派アンチオコス3世ポセイドニオスセレウコス4世ヤンブリコスストア学派シリア王国ケライナイ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android