コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフマド・アルバダウィー Aḥmad al‐Badawī

1件 の用語解説(アフマド・アルバダウィーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アフマド・アルバダウィー【Aḥmad al‐Badawī】

1200ころ‐76
エジプトにおける最も有力なイスラム神秘主義教団(タリーカ)であるアフマディー教団の創立者。預言者ムハンマドの血統を引く一族の出といわれている。モロッコフェスで生まれ,幼少時にメッカに巡礼した。以後,イラク滞在を経て,エジプトのデルタ地帯の町タンターに移った。この地でスーフィーとしての活動を送り,1276年に没した。彼の後継者たちによって,アフマディー教団がつくられ,彼の命日を祝うマウリド呼ばれる祝祭がタンターの町にある彼の墓廟で行われるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のアフマド・アルバダウィーの言及

【アフマディー教団】より

アフマド・アルバダウィーを創立者とするイスラム神秘主義教団(タリーカ)。バダウィー教団と呼ばれることもある。…

【年中行事】より

…エジプトでは,同様に〈春風をかぐ祭りShamm al‐nasīm〉が行われるほか,秋のナイル川の増水を祝うワファー・アンニール(〈ナイルの洪水〉の意)が知られる。またマウリドも,農村では農繁期を避けて行われることが多く,下エジプトのタンターでは,アフマド・アルバダウィーのマウリドがエジプト古来の太陽暦(コプト暦)に従って行われ,この日はエジプト各地からさまざまな願いをもった参詣者が訪れて町はごったがえす。【三浦 徹】
[ヨーロッパ]
 ヨーロッパの年中行事には,クリスマス復活祭聖霊降臨祭のようなキリスト教会の年中行事と,民間信仰的年中行事との両者がある。…

※「アフマド・アルバダウィー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アフマド・アルバダウィーの関連キーワードエジプト暦出エジプト記ノモスエジプト鼠エジプト綿エジプトはナイルの賜エジプト土稲子古代エジプト語エジプト行進曲エジプト風

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone