コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフメット・ジェブデト・パシャ Ahmet Cevdet Paşa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アフメット・ジェブデト・パシャ
Ahmet Cevdet Paşa

[生]1822.3.22. ロフチャ
[没]1895.5.25. イスタンブール
オスマン帝国末期の政治家,法律家,歴史家。 1839年,17歳でイスタンブールに出て,フランス語をはじめ各分野の学問を修めた。大宰相レシト・パシャの庇護を受け,若くして法官,教育委員会委員長となった。 54年に『ジェブデトの歴史』 Târîh-i Cevdetの3巻を完成させ,55年修史官となった。のち5回法務大臣,3回文部大臣をつとめたほか内務,農業大臣を歴任してタンジマート期の改革運動に大きな役割を果した。 85年に完成した 12巻から成る『ジェブデトの歴史』はオスマン朝史の傑作といわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アフメット・ジェブデト・パシャの関連キーワード宇田川榕菴グラントボードイン治宮ミュラー柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩