コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカントロプス

百科事典マイペディアの解説

アフリカントロプス

1935年東アフリカのタンガニーカで発掘された化石人骨。学名ではAfricanthropus njarasensis。ピテカントロプスに類似するとの説もあるが,地質年代不詳のため判然としない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフリカントロプス
あふりかんとろぷす
Africanthropus

東アフリカ、タンザニアのエヤシ湖畔で、1935年コール・ラルセンにより発見された化石人類。当時、北京(ペキン)原人の発見が世界的注目を受けていたため、アフリカにおける原人として重視されたが、むしろネアンデルタール人といえる不完全な頭骨であり、年代的にもかなり新しく測定されており、ほかに優れたアフリカ出土原人標本が発見されているので、今日では化石人類発見史上にのみ意義をもつ。[香原志勢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アフリカントロプスの関連キーワードエヤシ遺跡

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android