コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフリカントロプス

2件 の用語解説(アフリカントロプスの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アフリカントロプス

1935年東アフリカタンガニーカで発掘された化石人骨。学名ではAfricanthropus njarasensis。ピテカントロプスに類似するとの説もあるが,地質年代不詳のため判然としない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフリカントロプス
あふりかんとろぷす
Africanthropus

アフリカタンザニアエヤシ湖畔で、1935年コール・ラルセンにより発見された化石人類。当時、北京(ペキン)原人の発見が世界的注目を受けていたため、アフリカにおける原人として重視されたが、むしろネアンデルタール人といえる不完全な頭骨であり、年代的にもかなり新しく測定されており、ほかに優れたアフリカ出土原人標本が発見されているので、今日では化石人類発見史上にのみ意義をもつ。[香原志勢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフリカントロプスの関連キーワードザンジバルスピークタンガニーカタンガニーカ湖タンザニアニエレレリビングストンアフリカ舞舞南アフリカ汎アフリカ主義

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone