コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブラソコムツ あぶらそこむつ

1件 の用語解説(アブラソコムツの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブラソコムツ
あぶらそこむつ / 油底
escolar
[学]Lepidocybium flavobrunneum

硬骨魚綱スズキクロタチカマス科に属する海水魚。世界中の温帯と熱帯海域に分布し、日本近海では南日本の太平洋側でみられる。全長1.5メートル、体重45キログラムになり、体色は黒い。尾柄(びへい)部の中央に隆起が一つあり、その上下に別の隆起がある。側線は背腹へ波状に大きく曲がり、鱗(うろこ)は大小2種類で、大鱗(りん)は小鱗で囲まれるなどの顕著な特徴をもつ。昼は深海にすみ、夜に浮上してマグロ延縄(はえなわ)などで漁獲される。干物にされるほか、養魚や家畜の飼料に加工されるが、筋肉に脂肪分が19%と多く、その90%が消化不良のワックス成分であるため、食べると下痢をおこすことがある。このワックスは、脂肪酸と一価アルコールのエステルで、本種を含めハダカイワシ類、ウケグチダラ、バラムツ、ハクジラ類など、激しい垂直運動をする種類に多いが、これは、急激な水圧の変化でも、ガス交換を円滑に行って浮力を調節するのに、ワックスが関与しているという学説もある。[落合 明・尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアブラソコムツの言及

【魚貝毒】より

…食べると肛門から油が染み出るといわれ,下痢が起こるのは異常に多い脂肪(グリセリド)のためと考えられている。
[バラムツなど]
 バラムツ,アブラソコムツは深海性の魚で,マグロとともに陸揚げされ,魚市場でもよく見かける。肉はかなり美味で,多量に食べると激しい下痢を起こす。…

※「アブラソコムツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アブラソコムツの関連情報