アブラム ハーシュコ(英語表記)Avram Hershko

現代外国人名録2016の解説

アブラム ハーシュコ
Avram Hershko

職業・肩書
分子生物学者,医師 イスラエル工科大学医学部教授

国籍
イスラエル

生年月日
1937年12月31日

出生地
ハンガリー

専門
たんぱく質分解

学歴
ヘブライ大学

学位
博士号(ヘブライ大学)

受賞
ノーベル化学賞〔2004年〕,イスラエル賞〔1994年〕,ガードナー国際賞〔1999年〕,ラスカー賞〔2000年〕,ウルフ医学賞〔2001年〕,ルイザ・グロス・ホロウィッツ賞〔2001年〕

経歴
ハンガリーに生まれ、ナチス・ドイツの強制収容所を経験した。1950年両親とともにイスラエルへ移住。陸軍に軍医として従事。’69〜72年米国サンフランシスコで分子生物学を研究。のちイスラエル工科大学医学部教授となる。’70年代後半から’80年代前半、細胞の中で不要になったたんぱく質に“ユビキチン”が結合し、必要なものと区別する目印として働くことを発見。パーキンソン病、がんなどの治療や予防に道を拓いた。2004年これらの業績により、イスラエル工科大学のアーロン・チカノバー教授、カリフォルニア大学アーバイン校のアーウィン・ローズ博士とともにノーベル化学賞を受賞。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android