コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アプリオリ確率 アプリオリかくりつapriori probability

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アプリオリ確率
アプリオリかくりつ
apriori probability

先験的確率ともいう。非常に多数の粒子から成る系の時間的発展をたどることは困難なので,これを統計力学的に扱う場合には「エネルギーが一定という条件のもとで許される系全体のミクロな状態はすべて等しい出現確率をもつ」と仮定する。これを等重率の原理という。アプリオリとはラテン語で先験的という意味で,統計力学の基本仮定として等重率の原理を先験的に導入して用いることからアプリオリ確率の名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アプリオリ確率の関連キーワードエルゴード仮説等重率の仮定

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android