コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アプリマク県 アプリマクApurímac

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アプリマク〔県〕
アプリマク
Apurímac

ペルー中南部内陸の県。県都アバンカイ。アンデス山脈中に位置する県で,大部分がけわしい山地から成り,アマゾン川水系アプリマク川とその支流が深い峡谷を刻む。住民はおもに自給農業と牧畜を行い,トウモロコシ,小麦,羊毛,ジャガイモなどを産する。標高のやや低いところではサトウキビや果樹が栽培される。金,銅,鉛,岩塩などの鉱産物がある。アヤクチョクスコを結ぶ道路がアバンカイを経て県北部を横切るほか,同市から南西に延びる道路がナスカへ通じ,太平洋沿岸を通るパンアメリカン・ハイウェーに連絡。面積2万 896km2。人口 37万 6400 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android