コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アベルノ湖 アベルノこLago d'Averno

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アベルノ湖
アベルノこ
Lago d'Averno

ラテン語はラクスアウェルヌス Lacus Avernus。イタリア南部,ナポリ西方約 15kmにある小さな火口湖。標高 2m,最大水深 36m,周囲 3km。古代ギリシア植民者によってすでに知られ,立ちこめる火山性ガスのため飛ぶ鳥も落ちたといわれたことから,古代ローマにおいては地獄への入口と考えられていた (詩人ウェルギリウスなど) 。古代ローマの神殿,浴場などの遺跡が付近に残存。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アベルノ湖の関連キーワード湖沼堆積物コモ湖ブラッチャーノ湖マッジョーレ湖

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android