コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アポ安山岩 アポあんざんがんapoandesite

岩石学辞典の解説

アポ安山岩

apoという接頭語岩石交代作用などでもとの組織を失わずに他の種類に変化した場合に用いられ,特に火山岩が十分に脱ガラス化した場合に使用される.したがって,アポ安山岩は脱ガラス化作用を受けた安山岩であるが,独立した岩石名としては必要のない名称であろう.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

アポ安山岩の関連キーワードアジア生産性機構OSアポ山変朽アポグラフィック組織岩枝アポエンドキネマテイック結晶作用アポ─外岩漿成変朽流紋岩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android