コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマゾンマナティ Trichechus inunguis; Amazonian manatee

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマゾンマナティ
Trichechus inunguis; Amazonian manatee

カイギュウ目マナティ科マナティ属。体長は約 3m,体重は約 450kgに達する。出生仔は体長約 90cm,体重 10~15kgである。マナティ属のなかで最小であり,体型が最も細い。体表は灰色から黒色を呈し,胸部と腹部に白色あるいは桃色の斑を有する。軟らかく長い鰭 (ひれ) 状の前肢と丸いパドル状の尾鰭を有する。頭部は小さく,頸部は明瞭でない。鼻が厚く突き出ており,鼻孔は2つで小さく丸い。鼻の下に肉厚の唇があり,上唇にがんじょうな剛毛が生える。皮膚はなめらかで,体表に多くの皺 (しわ) が入り,体毛がまばらに生える。5~7対の頬歯が両顎の奥部にある。出生時は両顎に痕跡門歯があるが,成長に伴い欠落する。単独で行動することが多いが,採食時に8頭以上の群れをなすことがまれにある。雨季に活発に行動する。繁殖行動は周年であるが川の水位が高い2~5月が特に盛んである。出産数は1仔で妊娠期間は約1年である。草食性でハスなどの水性植物や水辺植物を食べるほか,水面に浮いたヤシ類の果実を食べる。アマゾン川ならびにその支流に分布し,淡水域にのみ生息する。 17世紀から 20世紀中期にかけて,肉,革,脂を目的として大量に捕獲された。近年はダム開発が生息環境に大きな影響を与えている。絶滅危惧種

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アマゾンマナティの関連キーワード中央アマゾン保全地域群ジャウー国立公園アマナ自然保護区マナティー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android