コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマルテイア アマルテイア Amaltheia

2件 の用語解説(アマルテイアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマルテイア
アマルテイア
Amaltheia

ギリシア神話で,赤子のゼウスを養育したとされるニンフまたは雌やぎの名。レアによってクレタ島のイダ山中の岩屋の奥で生み落されたゼウスは,ニンフのアマルテイアに雌やぎの乳で養われたとも,アマルテイアはゼウスに乳を与えたこの雌やぎの名であるともいわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマルテイア
あまるていあ
Amaltheia

ギリシア神話において、クレタ島のイデ山で赤子のゼウスに乳を与えた牝山羊(めすやぎ)、またはニンフ。アマルテイアは、赤子ゼウスを飲み込もうとする父クロノスから彼を守るため、樹葉の陰に彼をかくまって、泣き声が聞こえないようクレテスに大騒ぎをさせたと伝えられる。この山羊は太陽神ヘリオスの子孫で、ティタン神族に恐れられた。ゼウスはのちにティタン神族と戦ったとき、アマルテイアの皮で武具アイギス(「山羊の皮」の意)をつくったという。また、その山羊の角を折ると、それはあらゆる果実に満たされたと伝えられる。これが豊饒(ほうじょう)の角(コルヌ・コピアエ)の由来である。[小川正広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアマルテイアの言及

【雲】より

… ギリシア神話では,雲は,最高神ゼウスが持つアイギスという山羊皮の楯によって,自在に集められたり散らされたりする。この〈雲楯〉をゼウスは,彼より前に世界を支配していた神々のティタンたちと戦ったときに,自分がその乳で養われた牝山羊アマルテイアの皮を剝いで造ったといわれる。ゼウスはまたあるとき,彼の妃のヘラに,ゼウスによって天上に住むことを許されていた英雄のイクシオンが恋慕し,人間の身で非道にも神々の女王を犯そうとすると,雲でヘラとそっくりの姿を造り,イクシオンにこの雲ネフェレNephelēを抱かせた。…

【乳】より

…神や英雄や聖人の養育譚に乳が重要な役割を果たすことは多い。ゼウスはクレタ島イデ山の雌ヤギあるいはニンフのアマルテイアの乳で養われた。サンタ・クロースとして広く親しまれる聖ニコラウスは,乳児のころ,キリストがユダに裏切られた水曜日と十字架にかけられた金曜日には,母の乳房を1度しか吸わなかったと,《黄金伝説》には説かれている。…

※「アマルテイア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アマルテイアの関連キーワードエイレイテュイアハデスムネモシュネラケダイモンギリシャ神話カレギガントマキア《ギリシア神話》ヘレナ(ギリシア神話)ラドン(ギリシア神話)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone