アマンダ プラマー(英語表記)Amanda Plummer

20世紀西洋人名事典の解説

アマンダ プラマー
Amanda Plummer


1957.3.23 -
米国の女優。
ニューヨーク市生まれ。
俳優クリストファー・プラマーを父に、女優タミー・グライムスを母に生まれ、赤ん坊の時母親が主演するミュージカル出演。高校卒業後ヴァーモントのミドルヴァレー・カレッジで演劇を専攻、1979年オフ・ブロードウェイの「Artichoke」でプロ・デビュー、批評家の注目を集め、’82年ブロードウェイ「神のアグネス」でトニー賞獲得、アメリカ劇壇にセンセーションを起こす。’81年映画デビュー、’82年「ガーブの世界」、’83年「Daniel」等に出演、天性資質に恵まれた女優である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android