コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アグネス アグネス Agnes

翻訳|Agnes

3件 の用語解説(アグネスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アグネス
アグネス
Agnes

[生]304頃.ローマ
[没]?
ローマの殉教者,聖女。殉教の詳細については不明だが,幼時に殉教したことについては記録が一致し,アンブロシウスは 12歳としている。4世紀にローマにアグネスの聖堂が建てられた。少女たちの保護聖女。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

アグネス

夫の竹田五兵衛(シモン竹田)が、八代地方を治めたキリシタン大名小西行長に仕えたのに伴い、三重県・伊勢地方から来た。キリシタン弾圧を受け、五兵衛が処刑された翌日の1603年12月9日に処刑された。来年11月、ほかの処刑者とともに、キリスト教で「聖人」に次いで崇敬される「福者」となる。

(2007-11-07 朝日新聞 朝刊 熊本全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アグネス【Agnes】

ローマの名門生れの聖女。3世紀末か4世紀初めに殉教したとされる。名の由来はギリシア語の〈純潔〉,ラテン語の〈子羊〉などといわれる。ギリシアの伝説では大人,《黄金伝説》では13歳で,ローマのコンスルの息子の求婚を,すでにキリストの花嫁であるとして断り,迫害された。全裸で娼家へ引きたてられたが,髪が伸びて体をおおい,天使から輝く服を与えられた。辱しめようとした者は死に,彼女が祈ると生き返った。火刑にも無事であったが,首を剣で突かれて殉教。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アグネスの関連キーワード中世GrecoRomanサントフォア教会ボルビリスウムアルラサスローマの泉ローマの松ローマの祭ローマの祭り兵庫県神戸市垂水区五色山

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アグネスの関連情報