センセーション

精選版 日本国語大辞典「センセーション」の解説

センセーション

〘名〙 (sensation)
① 感覚。感じ。感動興奮。〔外来語辞典(1914)〕
伸子(1924‐26)〈宮本百合子〉三「官能的なセンセーションを楽しつつ」
世間耳目を集めるような事件、事柄
※東京の三十年(1917)〈田山花袋〉『生』を書いた時分「『蒲団』で多少のセンセイションを文壇に捲き起した私は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「センセーション」の解説

センセーション(sensation)

世間の耳目を驚かせる事件や事柄。また、大評判。「一大センセーションを巻き起こす」
感覚。気持ち。
「官能的な―を享楽しつつ」〈宮本伸子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android