コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマ科 あまか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマ科
あまか
[学]Linaceae

双子葉植物、離弁花類。草本または低木。葉は互生または対生し全縁。花は両性で放射相称。萼片(がくへん)は4~5枚で覆瓦(ふくが)状。花弁も同数で回旋(かいせん)状。雄しべも同数で花弁と互生し、花糸(かし)は下部で合着し、その外側に蜜腺(みつせん)がある。子房は上位で3~5室、胚珠(はいしゅ)は倒生で各室に2個、花柱は3~5本で離生し糸状。(さくか)は果実内の各室の隔壁がそれぞれ2枚に離れる胞間裂開をする。温帯に分布し、世界に約25属約500種あり、日本には1属が分布する。中央アジア原産のアマは繊維やあまに油の原料として有名。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアマ科の言及

【アマ(亜麻)】より

…その繊維で肌ざわりがよく薄手の織物リネンを織る。 アマ科の一年草で,カフカス地方から中東にかけての一帯が原産地とされる。古代エジプトでも栽培,利用された。…

※「アマ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アマ科の関連キーワードキバナマツバニンジンマツバニンジンアマ(亜麻)キバナアマ宿根亜麻松葉撫子一年亜麻松葉人参黄花亜麻リナム滑胡麻赤胡麻アマ亜麻

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アマ科の関連情報